売っちゃダメな店

中古カメラの売り先というのはいくつかある。たとえばだけど、最近はリサイクルショップが激増しているので、そこら中で見かけます。
大抵、大通り沿いだったりにあるんだけど、そういった店でもカメラの買い取りを行ってくれます。ただ、値段は悲惨なものです。

中古カメラ=リサイクルショップはNG

そこそこの値段で買取してくれるリサイクルショップもあるのですが、それを見つけるのはなかなか難しいことです。だったら最初から中古カメラ店を使ったほうが良いでしょう。

ただし、中古カメラ店もお店によって査定はバラバラです。
できることなら一般的な買取相場を知った上で中古カメラ専門店へ持ち込みして売るのが良いでしょう。そのためにはトップページに紹介してある方法で相場を知るのがおすすめです。

売る前の査定方法

査定については電話orメールでお願いしましょう。もし台数がカメラ1台のみなら電話で聞くのが簡単です。カメラの機種・付属品の有無と使用状況から大体の買取金額を教えてもらえます。このときに大事なのが買取上限額ではなく、現実的な買取金額を教えてもらうこと。

買取上限額というのは、あくまで最上金額です。あなたが売ろうと思ってる機種の程度が最上の場合に買取する金額なので、中古で劣化してると金額はもっと安いです。
ここで注意なのが、劣化の判断です。

プロの目は厳しいため、カメラの状態チェックは厳しいです。

あなたが中古品でも程度は極上と判断したとしても、プロの目から見たら並品と判断されることもあります。だから査定のときはドキドキだったりします。あの感じが緊張の瞬間ですねぇ~~~。

そのため、査定金額は上限額ではなく現実的な金額を聞くようにしましょう。